同僚への暴行事件で無料法律相談

同僚への暴行事件での無料法律相談

同僚への暴行事件での無料法律相談について,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部が解説します。

【刑事事件例】

Aさんは,宮城県東松島市にある会社に勤務するサラリーマンです。
Aさんは,同僚のVさんと車に乗って外回りをしていましたが,Vさんに仕事のことなどで馬鹿にされたことに怒りを感じ,Vさんの顔を拳で殴ってしまいました。
Vさんはすぐに車を降り,宮城県石巻警察署に「殴られた」と通報をしました。
その後,駆け付けた宮城県石巻警察署の警察官により,警察署まで連れていかれ,暴行事件について事情聴取を受けました。
幸い,Aさんは,そのまま自宅に帰してもらえましたが,この後自分はどうなるのか心配で,暴行事件で無料法律相談を行っている弁護士・法律事務所を探しています。
刑事事件例は,2021年10月22日にHBC北海道放送に掲載された記事を参考に作成したフィクションです。)

【暴行事件で考えられる最悪のケース】

今回の暴行事件で考えられる最悪のケースは,暴行事件が刑事裁判にかけられ,「2年以下の懲役」という実刑が宣告されることです。
また,「2年以下の懲役」刑以外の「30万円以下の罰金,拘留または科料」を科せられ,前科持ちになってしまうことも考えられます。

暴行事件を起こしてしまい,実刑を宣告された場合,刑務所行きが確定してしまいます。
また,その他の刑事罰を科せられた場合も,前科持ちになってしまい,今後の社会生活に大きな障害を残すことになってしまいます。

暴行事件を起こしてしまった場合,このような暴行事件で考えられる最悪のケースは何としてでも避けなければなりません。

【暴行事件で無料法律相談】

暴行事件を起こしてしまい,弁護士に相談したいと思った場合,すぐに無料法律相談を行っている弁護士・法律事務所に電話をするなど,すみやかに行動をすることをお薦めします。
というのは,暴行事件を起こしてしまったものの逮捕されなかったからといって,暴行事件への対応を放置しておくと,知らぬ間に,検察官によって起訴がされてしまっていた,又は,罰金刑などの重い刑事罰が下されてしまっていたというケースも考えられるからです。

反対に,暴行事件が発覚した段階で,速やかに弁護士に相談をして,弁護士を選任した上で,示談を締結したり,意見書等の法律書面を提出してもらったりすることができれば,不起訴処分等の寛大な処分を獲得できる可能性があります。

また,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部での無料法律相談であれば,無料法律相談をしたからといって,必ず弁護士を雇わなければいけないという制限はありません。
弁護士暴行事件無料法律相談をした後,一度自宅にお帰り頂き,ご家族の方と話し合ったり,他の事務所と比較したりした後,改めて弁護士を雇うという選択もすることができます。
もちろん,無料法律相談をした後,その場で弁護士を雇う(委任契約を締結する)こともでき,状況に応じて即日刑事弁護活動を開始することも考えられます。
そのため,まずはお気兼ねなく無料法律相談を利用してみるのをお薦めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部は,刑事事件を専門に扱う法律事務所です。
暴行事件を含む刑事事件を専門とする弁護士が所属しています。
同僚への暴行事件での無料法律相談をご希望の場合は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部までご相談ください。
フリーダイヤルは,0120―631―881です。
今すぐお電話ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー