電車内の痴漢事件で弁護士に接見を頼むメリット

電車内の痴漢事件で弁護士に接見を頼むメリット

電車内の痴漢事件弁護士接見を頼むメリットについて,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部が解説します。

【刑事事件例】

宮城県石巻市に住むAさんは,同市内にある会社に勤務する会社員です。
ある日,いつも通り,Aさんの家族がAさんの帰りを待っていたところ,Aさんが帰宅せず,電話やメールにも一切出ませんでした。
不安になったAさんの家族が宮城県石巻警察署に捜索願を出そうと問い合わせてみたところ,実はAさんは宮城県石巻警察署に痴漢事件で逮捕されているということが判明しました。
刑事事件例はフィクションです。)

【弁護士に接見を頼むメリット】

電車内の痴漢事件弁護士接見を頼むメリットについて解説します。

【1.弁護士に逮捕された経緯について聞いてもらえる】

家族の方がいきなり痴漢事件逮捕されたと聞いた場合,どういう理由や経緯で逮捕されてしまったのかがさっぱり分からず,大変動揺し狼狽してしまうかもしれません。
痴漢事件逮捕されたと知ったご家族の方には,「もしかしたら冤罪事件に巻き込まれてしまったのではないか」をご心配される方もおられると思います。

ここで,弁護士接見を頼めば,弁護士痴漢事件の被疑者の方と直接会ってもらい,どういう経緯で,痴漢事件逮捕されてしまったのかを聞いてもらうことができます。
この際に,被疑者の方が痴漢の容疑を認めているのか,それとも,痴漢の容疑を否認して冤罪事件だと主張しているのかを確認することができます。

被疑者の方が痴漢の容疑を認めているのか,それとも否認しているのかということは,今後の痴漢事件での捜査・裁判への対応に大きな違いをもたらしますので,大変重要な事柄です。

【2.弁護士に会社への連絡について聞いてもらえる】

痴漢事件逮捕されてしまった被疑者の方が会社員やアルバイトである場合で,ご家族の方が痴漢事件の被疑者の方の収入を頼って生活しているとき,被疑者の方が痴漢事逮捕されてしまって長期間身体拘束されてしまうと,無断欠勤を理由とする解雇にリスクが高まります。

しかし,会社やアルバイト先へ,早期に,かつ適切な伝え方で,痴漢事件の被疑者の方が出勤することができないと伝えることができれば,無断欠勤を原因とする解雇を避けることができる可能性があります。
例えば,会社員の方であれば,取り急ぎのところ有給休暇を使って,無断欠勤を避けることなどができるでしょう。

このように,ご家族の方が代わりに,早期にかつ適切な伝え方で痴漢事の被疑者の方が出勤することができないと伝えるために,弁護士に接見をしてもらって,痴漢事件の被疑者の方から会社への連絡について聞いてもらうのがよいでしょう。

【3.弁護士から今後の見通しについて教えてもらえる】

家族の方がいきなり痴漢事件逮捕されたと聞いた場合,今後,ご家族の方はどうなってしまうのかとご不安になると思います。
そのようなときは,弁護士接見をお願いして,痴漢事件被疑者の方からよく痴漢事件の経緯や対応,認否などを聞いてもらって,今後の見通しを教えてもらうのがよいでしょう。

なお,ご家族の方は知らなかったものの,痴漢事件の被疑者の方から話を聞いてみて初めて,今回の痴漢事件とは別に,複数の痴漢事件を起こしており,別件の痴漢事件の容疑が複数あるということが分かるケースもあります。

この場合,弁護士を入れて,すみやかに示談や法廷弁護活動などをしてもらわないと,最悪の場合,重い刑事罰が科されてしまう可能性がありますので,弁護士への接見の依頼は急いだほうがよいと考えられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部は,刑事事件を専門に扱う法律事務所です。
電車内の痴漢事件弁護士接見(初回接見については,こちらをクリック)を頼みたいとお考えの場合は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部までご相談ください。
フリーダイヤルは0120-631―881です。
今すぐお電話ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー