執行猶予にしてほしい

1.執行猶予判決とは

執行猶予判決とは「被告人を懲役〇年に処する この裁判確定の日から◇年間、その刑の執行を猶予する」という形で出されます。

この判決の意味は、判決確定から◇年間再び罪を犯すことがなければ、刑務所に行く必要はない。しかし、◇年の間に、もう一度罪を犯した場合には、その新たに犯した罪の刑期にプラスして、〇年間刑務所に行かなければならないということを指します。

執行猶予判決の反対が実刑判決です。実刑判決の場合には、いきなり刑務所に行くことになります。

 

2.執行猶予判決の要件

執行猶予判決を出すためには、一定の要件があります。

 

①3年以下の懲役・禁錮または50万円以下の罰金の刑を言い渡すとき

1の例で行くと、〇が3以下でなければなりません。

なお、法律上は罰金刑でも執行猶予にすることができますが、実際上は懲役・禁錮刑の場合にのみつけられます。

 

②以下の要件のいずれかを満たすとき

A 前に禁錮以上の刑に処せられたことがないとき

B 前に禁錮以上の刑に処せられていても、その執行を終えたか執行の免除を得た日から5年以上を経過したとき

 

③執行猶予にすべき情状があるとき

執行猶予判決にするかどうかは、事案の軽重や、被害者の処罰感情、示談の有無、被告人の反省の程度など、様々な要素を考慮して決定されます。

そのため、被告人の側としては、可能な限り有利な情状を裁判官に訴えていく必要があります。

 

3.再度の執行猶予

基本的には、執行猶予中に再び罪を犯すと、今度は刑務所に行かなければなりません。

しかし、例外的にもう一回だけ執行猶予にすることができます。

それは、以下のような場合です。

 

①前回の執行猶予が刑の全部の執行猶予であること

刑の一部の執行猶予ではいけません。

 

②今回の罪で1年以下の懲役に処する場合

通常の執行猶予の場合には、3年以下の懲役であれば執行猶予にすることができましたが、再び執行猶予にするためには1年以下の懲役でなければなりません。

 

③情状に特に酌量すべき点があるとき

情状については、執行猶予のときに述べたのと同じような事情が考慮されます。

ただ、ハードルが高くなっているということになります。

 

4.刑の一部の執行猶予

これまでは、刑の執行猶予をする際には、全ての刑を猶予にするしかありませんでした。

しかし、刑法が改正され、刑の一部を実刑にし、残りを執行猶予にするという判決が出せるようになりました。

この判決では「懲役3年、そのうち2年は刑務所に行き、1年については3年間猶予する」といった内容になります。

このような判決が出せるようになった意味は、刑の全部を執行猶予にするほどよい情状があるわけではないが、かといって、全部服役させるほどではなく、早期に社会復帰させる必要がある。

かといって、言い渡す刑を短くすると矯正効果に疑問がある。

そのような場合に対応することにあります。

刑の一部執行猶予については、全ての犯罪に適用がありますが、薬物犯の場合には特則があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部では、刑事事件を専門に取り扱う弁護士が、直接「無料相談」を行います。

被疑者が逮捕された事件の場合、最短当日に、弁護士が直接本人のところへ接見に行く「初回接見サービス」もご提供しています。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー