廃棄物処理法違反事件で弁護士を雇うべき理由

廃棄物処理法違反事件で弁護士を雇うべき理由

廃棄物処理法違反事件弁護士を雇うべき理由について,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部が解説します。

【刑事事件例】

Aさんは,使わなくなった家財道具を山林に不法投棄したとして,宮城県気仙沼警察署の警察官により取調べを受けました。
刑事事件例は2021年10月12日に時事通信社に掲載された記事を参考に作成したフィクションです。)

【どうして廃棄物処理法違反事件で弁護士を雇うべきなのか】

廃棄物処理法違反事件で捜査をされている被疑者の方にとっての願いは,やはり「何とか廃棄物処理法違反事件を穏便に済ませてほしい」ということです。
具体的には,「廃棄物処理法違反事件で起訴されてしまったしても,執行猶予にしてもらって,実刑は避けたい」,「もっと言えば,廃棄物処理法違反事件で起訴せずに,不起訴にしてほしい」と思っていることでしょう。

それでは,廃棄物処理法違反事件で実刑を避けて執行猶予にしてもらったり,起訴を避けて不起訴処分にしてもらったりするためには,どうすればよいのでしょう。
それは,廃棄物処理法違反事件を担当する検察官や裁判官に対して,廃棄物処理法違反事件を起こしてしまったことをきちんと反省していることや,今後二度と廃棄物処理法違反事件は起こさずしっかり更生していくこと,更生のための環境を整えることなどを示していくことです。

弁護士を雇えば,廃棄物処理法違反事件を起こしてしまったことをきちんと反省していることや,今後二度と廃棄物処理法違反事件は起こさずしっかり更生していくことを伝える方法を弁護士から聞いたり,弁護士に代わって伝えてもらったりすることができます。
また,更生のための環境を整える方法などを弁護士と一緒に考えることができます。

【廃棄物処理法違反事件の弁護士を選ぶポイント】

国選弁護士(国選弁護人)という名前を聞いたことがあるでしょうか。
これは,国が弁護士費用を立て替えてくれて,弁護士を付けてくれる制度です。
しかし,廃棄物処理法違反事件逮捕をされずに捜査をされている場合,国選弁護士は付きません。
廃棄物処理法違反事件逮捕をされずに捜査を受けている段階で弁護士を付ける場合には,私選弁護士(私選弁護人)を選ぶことになります。

そこで,以下では,廃棄物処理法違反事件弁護士を選ぶポイントを解説します。

1.廃棄物処理法違反事件の被疑者の方へのこまめな連絡ができそうか

今,話してきた通り,廃棄物処理法違反事件で実刑を避けて執行猶予にしてもらったり,起訴を避けて不起訴処分にしてもらったりするためには,廃棄物処理法違反事件を起こしてしまったことをきちんと反省していること,今後二度と廃棄物処理法違反事件は起こさずしっかり更生していくことを伝える方法を弁護士から聞いたり,弁護士に代わって伝えてもらったりすることが重要です。
また,更生のための環境を整える方法などを弁護士と一緒に考える必要もあります。

そのため,検察官による取調べや刑事裁判の前に,弁護士としっかり打ち合わせをして,廃棄物処理法違反事件の被疑者の方がしっかりと検察官や裁判官に話すことができるようにしなければなりません。
そこで,弁護士がこまめな連絡がしてくれるのかという点は弁護士を選ぶ際に重要なポイントの一つとなります。

2.弁護士廃棄物処理法違反事件に詳しいか

廃棄物処理法違反事件は,刑事事件によくみられる窃盗事件,傷害事件,盗撮事件,痴漢事件などと違って,必ずしも典型的な刑事事件とは言い切れない面があります。
そこで,弁護士廃棄物処理法事件に詳しいのかという点も,弁護士を選ぶ際に重要なポイントの一つとなります。

3.弁護士廃棄物処理法違反事件で執行猶予判決や不起訴処分を得たことがあるなどの実績があるか

同じく,たとえ廃棄物処理法違反事件に詳しいといっても,実際に廃棄物処理法違反事件で執行猶予判決や不起訴処分を得たことがあるのか,本当に実績があるかという点も,弁護士を選ぶ際に重要なポイントの一つとなります。

4.弁護士廃棄物処理法違反事件を含む刑事事件に熱心に取り組んでいるか 

弁護士の中には,刑事事件にはあまり熱意がなく,民事事件や企業法務の方に熱意を注いでいるという弁護士が存在します。

しかし,既に話した通り,廃棄物処理法違反事件で実刑を避けて執行猶予にしてもらったり,起訴を避けて不起訴処分にしてもらったりするためには,廃棄物処理法違反事件を起こしてしまったことをきちんと反省していること,今後二度と廃棄物処理法違反事件は起こさずしっかり更生していくことを伝える方法を弁護士から聞いたり,弁護士に代わって伝えてもらったりすることが重要です。
また,更生のための環境を整える方法などを弁護士と一緒に考える必要もあります。

こういった刑事弁護活動は,弁護士が時間をかけて真摯に取り組む必要のあるものであり,決して片手間でできるようなものではありません。
そのため,弁護士廃棄物処理法違反事件を含む刑事事件に熱心に取り組んでいるか,廃棄物処理法違反事件で寛大な処分・判決を得るために真摯に向き合ってくれるかどうかという点も大切になります。

5.弁護士と相性が合うかどうか

最後に,やはり弁護士との相性も問題になります。
弁護士は法律の専門家ですが,単に法律に詳しければ,刑事事件で最も良い結果を得られるかというと,そうではありません。
廃棄物処理法違反事件の被疑者の方との信頼関係があって初めて良い結果を得ることができるのです。
そこで,弁護士を選ぶ際には,実際に弁護士に会ってみて,実際に見て,話を聞いて,弁護士との相性が合うかどうかを確かめるのが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部は,刑事事件を専門に扱う法律事務所です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部では,初回無料法律相談を行っており,初回60分に限り無料で,実際に弁護士に会ってみて,弁護士との相性を確かめることができます。
廃棄物処理法違反事件弁護士を雇おうとご検討中の場合は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部までご相談ください。
フリーダイヤルは,0120-631-881です。
今すぐお電話ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー