宮城県大衡村の暴行事件 示談して不起訴なら弁護士

宮城県大衡村の暴行事件 示談して不起訴なら弁護士

宮城県大衡村に住むAは、近所の飲食店で飲酒をしていた際、隣の席にいたVさんとトラブルになり、殴り合いに発展しました。
Aさんは、宮城県警察大和警察署の警察官に暴行罪の容疑で現行犯逮捕されたものの、翌日に釈放されました。
Aさんは、不起訴にできないか刑事事件専門の弁護士に無料法律相談へ行きました。
(フィクションです)

~暴行罪~

暴行罪で起訴された場合、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料が科せられるおそれがあります。
一言で「暴行」といってもどのような行為が暴行罪に当たるのかの態様は様々で、殴る、蹴る、突く、押す、引く等の人の身体に直接的に不法な攻撃を加えることが「暴行」にあたることはわかりやすいと思います。
他に「暴行」に当たるのは、狭い室内で日本刀を振り回す行為や、他人に向かって石を投げる行為、唾を吐きかける行為などがあります。
注意が必要なのは、暴行の結果として相手に傷害を負わせた場合です。
この場合、ケガをさせるつもりがなかった場合でも、傷害罪(刑法204条 刑罰:15年以下の懲役、50万円以下の罰金)が成立してしまいます。

~示談して不起訴~

暴行事件を起こしたことを認めている場合は、被害者への謝罪や被害弁償など、被害者の方と示談を行い、許してもらうことで当事者間の解決を図り、不起訴処分を獲得できる可能性を上げることができます。
不起訴処分となれば、裁判所での刑事裁判も開かれませんし、前科もつきません。
身柄拘束も解かれ、釈放されます。

示談は、被害者と加害者の当事者間で行うこともできるのですが、示談交渉は多分にデリケートな配慮が必要となることから、あまりお勧めできません。
謝罪と示談交渉は、信頼できる弁護士を通じて行うことが望ましいでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件に特化した弁護士が、豊富な示談交渉の経験に基づき、当事者双方に納得いただける示談がまとまるように尽力致します。
暴行事件で示談交渉の経験豊富な弁護士をお探しの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご用命ください。
(宮城県警察大和警察署の事件の初回法律相談:無料)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー