仙台市宮城野区の危険ドラッグ所持 薬物事件に強い弁護士

仙台市宮城野区の危険ドラッグ所持 薬物事件に強い弁護士

危険ドラッグを所持していたAは、宮城県警察仙台東警察署の警察官に職務質問をされた際所持品検査もされて、危険ドラッグを発見された
警察署で尿検査等を受けた後帰宅を許されたAは、今後も取調べや、検査に応じるように言われたため、その足で刑事事件専門の法律事務所無料法律相談に訪れた。
(フィクションです。)

~危険ドラッグと弁護活動~

危険ドラッグとは、一般に、覚せい剤や麻薬と同種の成分や類似の化学物質を混入させた植物片等を意味し、形状も錠剤・粉末・液状等、様々な形態で販売されています。
危険ドラッグは、麻薬や覚せい剤などの規制薬物と類似の効果を持っているにも関わらず、規制薬物の成分を含まないために麻薬取締法や覚せい剤取締法では規制できません。
そのため、かつては「合法ドラッグ」や「脱法ドラッグ」などとも呼ばれていました。
現在では法整備により、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(通称、薬機法)」という法律で危険ドラッグの規制をしています。
「医薬品医療機器等法」により、危険ドラッグについて、医療等の用途以外での製造、輸入、販売、授与、所持、購入、譲り受け、使用が禁止されており、違反した場合は「3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、又は両方が併科」となります。
上記の行為を業として行った場合は、「5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、又は両方が併科」で罰せられてしまいます。

今回の事例のAのように、危険ドラッグが見つかった直後に逮捕されなかった場合でも、後日、尿検査の結果等が出た上で逮捕される恐れがあります。

弁護士の弁護活動は、逮捕される前でも行うことができます。
逮捕前にご依頼いただければ、逮捕を回避するための活動や、逮捕された場合に早期に身柄解放を目指すための準備をすることができます。
危険ドラッグ事件で逮捕がご心配な場合は、薬物事件・刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談をご利用ください。
まずはフリーダイヤル0120-631-881までお問い合わせください。
(宮城県警察仙台東警察署までの初回接見費用:36,900円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー