仙台市宮城野区の児童虐待事件 逮捕・起訴なら刑事事件専門弁護士へ

仙台市宮城野区の児童虐待事件 逮捕・起訴なら刑事事件専門弁護士へ

仙台市宮城野区在住のAさんは、生後2か月の息子に暴行を加え、重度の後遺症を負わせたとして、傷害罪逮捕・起訴された。
起訴状などによると、自宅で当時生後2か月の息子の頭部に暴行を加え、硬膜下出血などのけがをさせた罪に問われている。
警察によると、被告は自ら119番通報し「背中をトントンと叩いたらけいれんを起こした」と説明していたが、虐待の疑いがあるとして、病院が児童相談所に通告していた。
被告は逮捕時「事実はまったく違います。今回の息子のけがについては黙秘します」と話していた。
2018年11月6日MBSニュース配信の記事を参考に作成したフィクションです。)

~児童虐待~

児童虐待」とは、保護者など児童の周囲の人が、児童に対して虐待を加える 、もしくは育児放棄することをいいます。
児童虐待の防止等に関する法律(児童虐待防止法)2条では、児童虐待について,身体的虐待のほか,性的虐待,ネグレクト,心理的虐待が含まれると定義しています。

身体的虐待
子どもに対して,殴る,蹴る,激しく揺さぶる,縄で縛って動けなくするなど,児童の身体に外傷の生じる暴行や,外傷が生じるおそれのあるような暴行を加える行為
→暴行罪・傷害罪などが成立

性的虐待
子どもへの性的行為,性的行為を見せる,性器を触る又は触らせる,ポルノグラフィの被写体にするなど,広く,子どもを性的対象とする行為
→監護者わいせつ罪、監護者強制性交等罪、強制わいせつ罪、強制性交等罪などが成立

ネグレクト
家に閉じ込める,食事を与えない,ひどく不潔にする,自動車の中に放置する,重い病気になっても病院に連れて行かないなど,児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置
→逮捕罪・監禁罪などが成立

心理的虐待
言葉による脅し,無視,兄弟・姉妹間での差別的扱い,子どもの目の前で家族に対して暴力を振るうなど,児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応
傷害罪,脅迫罪,強要罪などが成立

事例では、自宅で当時生後2か月の息子の頭部に暴行を加え、硬膜下出血などのけがを負わせていますので、身体的虐待にあたる可能性があり、身体的虐待で傷害罪に該当する場合、刑事罰を受ける可能性が考えられます。

乳幼児への虐待事案では、逮捕された親が否認するケースも多く、身に覚えがないにも関わらず,児童虐待などで傷害や暴行の容疑を掛けられてしまった場合,弁護士を通じて,警察や検察などの捜査機関及び裁判所に対して,不起訴処分又は無罪判決になるよう主張する必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、児童虐待で加害者として疑いをかけられてお困りの方からのご相談もお寄せいただいております。
児童虐待による暴行罪・傷害罪逮捕されてしまった場合は、まずは初回接見サービスをご利用ください。
(宮城県警察仙台東警察署への初回接見費用:36,900円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー