宮城県川崎町の覚せい剤営利目的譲渡事件 初回接見の弁護士

宮城県川崎町の覚せい剤営利目的譲渡事件 初回接見の弁護士

宮城県川崎町在住のAさんは、知人らに対して覚せい剤の販売を行っていたところ、宮城県警察大河原警察署に家宅捜索され、覚せい剤譲渡しによる覚せい剤取締法違反の罪で逮捕されました。
Aさんの妻は、刑事事件に強い弁護士に警察署までAさんの接見(面会)に行ってもらう初回接見を申込みました。
(フィクションです)

~覚せい剤営利目的譲渡し~

薬物事件では、営利目的でその違反行為をしたか、あるいは営利目的でないかによって、処罰の法定刑が変わってくる条文が多くみられることが特徴的です。
「営利目的」とは、つまり売って儲けを得る目的のことです。
一般に、営利目的での薬物事件のほうが、法定刑は重くなります。

営利目的の場合に重い罰が科される理由は、違法な薬物が高額で取引され社会に蔓延するのを防止するためです。

覚せい剤については、覚せい剤取締法41条の2第1項で、覚せい剤の所持・譲渡し・譲受けを禁止しており、これに違反した者には10年以下の懲役が科せられます。
しかし、営利目的で覚せい剤の所持・譲渡し・譲受けを行うと、1年以上の懲役(情状により500万円以下の罰金の併科)と覚せい剤取締法41条の2第2項で規定しています。

~逮捕されたら初回接見をご利用ください~

Aさんのように、逮捕された方は,まず取調べを受けることになりますが、取調べではきちんと自分の主張を伝え,誤りのない供述調書を作成してもらうことが重要です。
誤りのない調書を作成してもらうためには、逮捕後なるべく早く弁護士と接見(面会)を行い、取調べへのアドバイスを受けるとよいでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、逮捕勾留されている事件で刑事弁護の依頼を受けた弁護士は、すぐに警察署に留置されている方との接見(面会)に向かいます。
また、正式な刑事弁護契約を締結する前に、弁護士が警察署等に出張して逮捕勾留されている方と接見(面会)する初回接見サービスをご利用いただくこともできます。
初回接見によって、弁護士から取調べについての対応や事件の見通しについて法的なアドバイスをご提供できます。
覚せい剤営利目的譲渡事件初回接見をご希望の場合は、まずはフリーダイヤル0120-631-881までお電話ください。

(宮城県警察大河原警察署への初回接見費用:41,600円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー