公務執行妨害罪で現行犯逮捕【家族はどうすれば】

公務執行妨害罪で現行犯逮捕【家族はどうすれば】

警察官暴行し、公務執行妨害罪現行犯逮捕された場合について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部が解説します。

【参考事例】
身柄確保をカメラが… 仙台市繁華街 警官殴ったとして男を逮捕
YAHOO!ニュース(東北放送提供)

この事件は、仙台市内のアーケードで、男女が揉めているとの通報を受けて警察官が駆け付け、事情を聞こうとしたところ、男が警察官の顔を男が殴り現行犯逮捕されたというものです。

警察官に対し犯罪をしてしまったわけですから、言い逃れができない状況となります。
しかも、現行犯逮捕の場面が映像に残されるのは比較的珍しく、話題性のあるニュースとなってしまいました。

警察官を殴った場合、公務執行妨害罪が成立することになりますので、条文を見ておきましょう。

刑法第95条1項
公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

上記記事では触れられていませんが、仮に殴られた警察官がケガをしていた場合、より刑罰が重い傷害罪も成立することになります。

第204条
人の身体を傷害した者は、十五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

犯行理由や暴行の強さ、ケガの程度、反省態度、前科の有無などにより、実際に受けることとなる刑罰は変わってきます。
比較的軽い罰金刑などで済む可能性もありますが、懲役刑になる可能性もあるわけですから、注意が必要です。

~家族が逮捕の連絡を受けたら~

犯罪をして逮捕された場合、警察から家族に連絡がいくことになるでしょう。
家族は突然の出来事に驚き、今後どうなるのか大きな不安にかられることになってしまいます。

一般に、被害者に謝罪賠償し、示談を締結することが、判決や処分を軽くする上で重要です。
実際に被害者が一般人で、その連絡先が分かっているような場合には、家族が示談交渉に動くという例もあります。
しかし、家族にとって非常に荷が重い交渉となることでしょう。

また、今回のように被害者が職務中の警察官の場合には、示談は難しいかもしれません。
盗撮痴漢などの性犯罪に多いですが、そもそも被害者の身元が家族にはわからず、示談交渉をすることができない場合も多いです。

他にも、今後どのような手続が進んでいくのか、いつ釈放されるのか、取調べにはどう対応させたらいいのか、どれくらいの刑罰を受けそうかなど、ご家族だけではわからないことが多いと思います。

そこでぜひ、弁護士にご相談ください。
弁護士であれば不安点にアドバイスできますし、事件にもよりますが、ご家族が行うよりも示談交渉をスムーズに進められるケースも多いです。

弁護士は自己負担なく利用できる国選弁護人に頼むという選択肢もありますが、自費で頼む私選弁護人を利用することもできます。
それぞれメリット・デメリットがございますので、状況に応じて使い分けていただければと思います。

【関連リンク】
逮捕事件で弁護士を雇うメリット【私選弁護人】

特に逮捕されている事件では、手続が一気に進んでいきますので、お早めに弁護士と連携して動いていくことをお勧めいたします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部は、刑事事件・少年事件を専門とする弁護士事務所です。
ご家族などから初回接見のご依頼をいただければ、拘束されている警察署等にて、ご本人に面会(接見)し、事件の内容を聴き取った上で、今後の見通しなどをご説明致します。
接見後には、接見の内容などをご家族にお伝え致しますので、それを聞いていただいた上で、正式に弁護活動を依頼するかどうかを決めていただけます。

また、逮捕されていない場合やすでに釈放された場合には、事務所での法律相談を初回無料で行っております。

0120-631-881まで、お早めにご連絡ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー