替え玉受験の私文書偽造事件

替え玉受験の私文書偽造事件

替え玉受験の私文書偽造事件について,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部が解説します。

【刑事事件例】

Aさんは,別人になりすまして英語検定試験を受験したとして,有印私文書偽造・同行使,建造物侵入罪の容疑で,宮城県若林警察署の警察官により逮捕されました。
Aさんは,有印私文書偽造事件に関する容疑を認めています。
(2018年2月10日にYahoo!ニュースに掲載された記事を参考に作成したフィクションです。)

【替え玉受験は私文書偽造罪になる】

刑法159条1項<私文書偽造罪(有印私文書偽造罪)>
行使の目的で,他人の印章若しくは署名を使用して権利,義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し,又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利,義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は,3月以上5年以下の懲役に処する。

私文書偽造罪は,行使の目的で,①他人の印章・署名を使用して(または,①´偽造した他人の印章・署名を使用して),②権利,義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を,③偽造した場合に成立します。

以下では,私文書偽造罪の要件の意義を確認し,刑事事件例では私文書偽造罪が成立するか見ていきます。

まず,私文書偽造罪の①他人の印章・署名を使用する行為とは,他人を表象する印影(押印の跡)・文字(自署や印刷による名前の表記)を使用する行為をいいます。
また,私文書偽造罪の①´偽造した他人の印章・署名を使用する行為とは,権限がないのに,他人の印章・署名を顕出させることをいいます。

刑事事件例では,答案に名前が記名されていた,もしくは,Aさん自身が記名したと考えられるので,私文書偽造罪の①他人の印章・署名を使用,または,①´偽造した他人の印章・署名を使用したと言えると考えられます。

次に,私文書偽造罪の②権利,義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画とは,私法・公法上の権利・義務の発生,消滅,変更を目的とする意思表示を内容とする文書・社会生活に交渉を有する事項を証明する文書をいいます。

刑事事件例の答案は志願者の学力を示す文書であり,社会生活に交渉を有する事項を証明する文書であるので,私文書偽造罪の②権利,義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画に当たると考えられます。

最後に,私文書偽造罪の③偽造とは,権限なく他人名義の文書を作成することをいいます。
私文書偽造罪の偽造とは,文書の内容を偽ることではなく,文書の名義を偽ることをいいます。

ここで,替え玉受験の場合,他人(名義人)の承諾があると考えられますが,この場合でも私文書偽造罪の「偽造」があったといえるのでしょうか。
この点,答案は志願者の学力をはかるものであり,文書の性質上,名義人自身による作成だけが予定されている文書であるといえます。
このような文書では,名義使用の承諾は無効であり,私文書偽造罪の「偽造」があるといえると考えられています。

刑事事件例では,Aさんは別人名義の答案を作成していることから,他人名義の文書を作成したといえます。
よって,Aさんの行為は,私文書偽造罪の③偽造に当たると考えられます。

以上より,Aさんには,私文書偽造罪有印私文書偽造罪)が成立すると考えられます。

【偽造有印私文書行使罪・建造物侵入罪とは】

刑法161条1項(偽造有印私文書行使罪)
前2条の文書又は図画を行使した者は,その文書若しくは図画を偽造し,若しくは変造し,又は虚偽の記載をした者と同一の刑に処する。

Aさんは,私文書偽造罪有印私文書偽造罪)を犯し,その文書を行使(使用)しています。
よって,Aさんには偽造有印私文書行使罪が成立します。

刑法130条(建造物侵入罪)
正当な理由がないのに,…人の看守する…建造物…に侵入し…た者は,3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

Aさんは,私文書偽造罪有印私文書偽造罪)や偽造有印私文書行使罪を犯す目的で建造物に侵入しています。
このように犯罪を犯す目的で建造物に立ち入ることは,建造物の管理者の意思に反する立入りに当たると考えられ,建造物侵入罪の「侵入」があったと考えられます。
このようなことから,Aさんには,建造物侵入罪が成立すると考えられます。

【弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部とは】

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部は,刑事事件を専門に扱う法律事務所です。
替え玉受験の私文書偽造事件では,私文書偽造罪有印私文書偽造)や偽造有印私文書行使罪建造物侵入罪と複数の犯罪が成立すると考えられ,刑事事件を起こしてしまった方やそのご家族の方は,今後どのような処分が下されることになるのか,刑事裁判はどのようにして行われるのかなど,たくさんのお悩みを抱えられていると思います。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部の刑事弁護士は,そんなご不安な状況にある被疑者・被告人の方,ご家族の方に対して,刑事事件に関する豊富な知識・経験をもって様々な法的助言,サポートをすることが可能です。

替え玉受験の私文書偽造事件でお困りの場合は,弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部までご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー