宮城県蔵王町の強制性交等罪で逮捕 否認事件に強い弁護士

宮城県蔵王町の強制性交等罪で逮捕 否認事件に強い弁護士

Aは、合コンで知り合った女性Vと意気投合し、合コンの後に宮城県角田市内のホテルで性交渉しました。
後日、Aは強制性交等罪の疑いで宮城県角田警察署逮捕されました。
Aは、逮捕から一貫して、Vとホテルに行って性交渉したことは認めていたものの、強制性交等の事実については否認していました。
Aの家族は、否認事件に強い弁護士を探しています。
(フィクションです。)

~強制性交等罪~

強制性交等罪は、被害者の反抗を著しく困難にする程度の暴行や脅迫を用いて、性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした場合に成立します。
強制性交等罪は、性犯罪の中でも最も法定刑が重く規定されています。
罰金刑がないために起訴されれば正式裁判となり、実刑判決を受ける可能性も高く、長期間身柄を拘束される可能性も高いです。

~否認事件での弁護士の活動~

実際には同意の上での行為であった場合など、強制性交等罪に当たらないにもかかわらず警察の捜査対象となり、取調べ逮捕が行われる場合があります。

否認事件の場合、警察や検察での取調べは非常に厳しいものとなります。
そこで、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は、逮捕・勾留されている方が供述する内容を事前に確認する等、捜査機関により思いがけず不利な証拠を作られてしまわないように、取調べに対するアドバイスを行います。
同時に、逮捕・勾留されている方の不安が和らぐようにしっかりと寄り添って支え続けます。

そして、捜査機関に対して強制性交等罪の成立を否定する客観的な証拠を提出する、捜査機関の見解が十分な証拠に基づくものではないことを主張するなどにより、不起訴処分・無罪判決を勝ち取るように尽力いたします。

強制性交等罪の否認事件でお困りの場合は、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご用命ください。
まずは、フリーダイヤル0120-631-881までお電話いただくか、お問い合わせフォームをご利用ください。
(宮城県角田警察署への初回接見費用:44,200円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー