宮城県涌谷町の恐喝事件で逮捕 前科をつけない弁護士

宮城県涌谷町の恐喝事件で逮捕 前科をつけない弁護士

宮城県涌谷町在住のAさんは、遊ぶ金欲しさで偶然道で出会った若者Vさんに「金を出せ。出さないとどうなるかわかっているな。」とVさんを脅して、Vさんが差し出した現金2万円を受け取った。
Vさんより宮城県警察遠田警察署に被害届が提出されたことから、Aさんは恐喝罪の疑いで宮城県警遠田警察署逮捕された。
Aさん家族は前科が付くことを心配して、恐喝事件に強い法律事務所へ無料法律相談に訪れた。
(フィクションです。)

~恐喝罪~

恐喝罪は,人を恐喝して財物を交付させた場合に成立します。
ここでいう「恐喝」とは,財物の交付や財産上の利益の移転に向けて行われる脅迫または暴行であって、相手方の犯行を抑圧するに至らない程度の脅迫又は暴行をいいます。
これを超える程度の暴行または脅迫をおこなっている場合は、より重い犯罪である強盗罪となります。
上記のケースでは、AさんはVに「金を出せ。出さないとどうなるかわかっているな」と言って脅し、現金2万円を交付させていますから、かかる行為には恐喝罪が成立する恐れが高いです。

恐喝事件を起こして起訴されて有罪判決がなされると、前科が付くことになります。
前科前科調書に記載され、今後その内容が消えることはなく、前科が付いてしまうと一定の職業に就くことが制限されます。
前科を回避するためには、不起訴処分を目指すことが重要です。
早期に弁護士を選任し、迅速、的確な刑事弁護活動を行う事で不起訴処分となる可能性があります。
弁護士を通じて被害者に謝罪と被害弁償を行い、被害者との間で、「被疑者の刑事処罰を求めない」という内容の示談を成立させることを目指します。

恐喝罪により前科が付くことを回避したいとお困りの方は、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までお問い合わせください。
(宮城県警察遠田警察署への初回接見費用:43,220円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー