宮城県石巻市の痴漢事件で罰金刑 示談できていたら不起訴だったかもと後悔しないよう弁護士へ

宮城県石巻市の痴漢事件で罰金刑 示談できていたら不起訴だったかもと後悔しないよう弁護士へ

30代男性Aさんは、宮城県石巻市の書店で衣類の上から体を触る痴漢行為を行なったとして、宮城県警察石巻警察署に連行され、宮城県の迷惑行為防止条例違反で取調べを受けた後、釈放されました。
Aさんは、略式裁判で罰金刑となりましたが、弁護士を付けて被害者との示談をおこなっていれば不起訴になったかもしれないと後悔しています。
(フィクションです。)

~痴漢事件で被害者と示談できると~

痴漢は、その態様により、都道府県の迷惑行為防止条例違反となるか、強制わいせつ罪となるか異なります。
事例のAさんのように衣類の上から身体を触る場合には、迷惑行為防止条例違反に該当します。

刑事事件では、事件が検察に送致されると、検察官は起訴するか不起訴にするか判断を行います。
検察官は、痴漢事件などの被害者のいる事件の場合、起訴・不起訴の判断をするにあたって被害者との示談が成立しているかどうかを重視します。
迷惑行為防止条例違反の痴漢事件の場合、初犯で犯行を認めて反省しており、犯行態様が悪質でないケースでも、被害者との示談が成立しなければ罰金刑となることもあります。

痴漢事件を起こしてしまった場合には、前科をつけずに事件解決するためには、被害者との示談を成立させることがもっとも効果的です。

しかし、痴漢事件の場合、被害者が加害者に対して強い拒絶感や処罰感情を有している場合も多いです。
示談が成立する可能性をあげたいという場合は、痴漢事件の豊富な弁護経験を持つ弁護士に任せることをお勧めします。
弁護士であれば、加害者の真摯な謝罪を被害者に伝え、被害者の気持ちや立場に配慮した示談交渉を粘り強く進めて、加害者被害者双方が納得できる示談を成立させることも可能です。

痴漢事件でご家族が捜査されておりお困りであれば、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお問い合わせ下さい。
刑事事件専門の弁護士が、不起訴処分獲得を目指して被害者との示談交渉に取り組みます。
(宮城県警察石巻警察署への初回接見費用:43,200円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー