弁護士にひき逃げ事件を相談 宮城県大崎市で逮捕されそうなら 

弁護士にひき逃げ事件を相談 宮城県大崎市で逮捕されそうなら 

宮城県大崎市在住Aは、交差点を前方左右を注視せずに左折し、横断歩道を歩いていた登校中の高校生に怪我を負わせたにも関わらず、救護活動や警察署への報告も行うことなく逃走しました。
現在、このひき逃げ事件を捜査していた宮城県警察古川警察署によって、Aは過失運転致傷罪道路交通法違反の容疑で事情を聴かれています。
宮城県警察古川警察署は、容疑が固まり次第Aをひき逃げの疑いで逮捕する方針です。
(フィクションです。)

~ひき逃げ~

道路交通法では、交通事故があったときは、当該交通事故に関係する車両の運転者などは、負傷者を救護し、事故を警察に報告する義務を負うと定めています。
交通事故で相手を死傷させる事故を起こしたにも関わらず、相手の救護活動や警察署への報告を怠りその場から逃走する行為をひき逃げといいます。
ひき逃げ事件は、人身事故の発生を前提としているため、
・交通事故を起こした行為により過失運転致傷罪(自動車運転死傷行為処罰法5条)など
・被害者の救護義務や警察署への報告義務を怠りその場から逃走する行為により道路交通法(72条1項、2項)
に違反したとして処罰される可能性があります。

事例のAは、前方左右を注視せず左折したという過失により横断歩道を歩いていた登校中の高校生に怪我を負わせたにも関わらず、救護活動や警察署への報告を怠り逃走しているため、過失運転致傷罪道路交通法違反が成立する可能性は高いと考えられます。

交通人身事故のうち過失運転致傷罪の法定刑は、7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金です。
被害者の救護義務違反の法定刑は、その怪我が運転行為に原因がある場合には10年以下の懲役または100万円以下の罰金です。
報告義務に違反した場合には法定刑は3月以下の懲役又は5万円以下の罰金となっています。
なお、法律的には、過失運転致傷罪とひき逃げの罪は併合罪の関係に立つため、併合罪関係にある罪の最も重いものを1.5倍させた罪が成立します。

また、Aは事故後、現場から逃走していることにより、逮捕される可能性が高いと考えられます。
逮捕されてしまうと、被疑者は最大23日間の身体拘束を受けますから、長期の身柄拘束により解雇や退学等の不利益を受けることも考えられます。

宮城県大崎市ひき逃げ事件で逮捕された等お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所のフリーダイヤル(0120-631-881)までお問い合わせ下さい。
(宮城県警察古川警察署までの初回接見費用 40,520円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー