宮城県多賀城市の大麻譲受事件で逮捕 接見交通権を刑事事件専門弁護士が解説

宮城県多賀城市の大麻譲受事件で逮捕 接見交通権を刑事事件専門弁護士が解説

宮城県多賀城市在住のAは、時折知人Xから大麻乾燥植物片数グラムを有償で譲り受けていたが、知人Xの逮捕をきっかけに、Aも大麻取締法違反の疑いで、宮城県警察塩釜警察署逮捕されてしまった。
Aは自身の家族が依頼して初回接見に来た弁護士刑事弁護活動を依頼した。
(フィクションです。)

~大麻取締法違反~

事例のように大麻を譲り受けた場合、大麻取締法に違反することになります。
大麻取締法では,大麻を所持,譲り受け,譲り渡した場合は「5年以下の懲役に処する」と定められています
上記Aが起訴された場合、5年以下の懲役の実刑判決が科される可能性があるのです。
なお、もし、上記Aさんが営利目的(他人に売ってお金を得よう等の目的)であった場合には、7年以下の懲役、又は情状により7年以下の懲役及び200万円以下の罰金が科される可能性があります。

~接見交通権~

逮捕勾留された被疑者・被告人は、外部と連絡を取ることが制限され、警察署の留置場や拘置所に留置されています。
接見接見交通)とは、身柄を拘束されている被疑者・被告人と、収容されている施設内で、外部の人が面会したり、必要なものを差し入れしたりすることを言います。

接見には、家族や友人といった一般の方がする場合(一般面会)と弁護士接見する場合(弁護士接見)の2種類がありますが、 一般面会には、逮捕段階では基本的に面会できなかったり時間制限や立会人がいたりと制約も多く、弁護士接見とは様々な点で異なります。

逮捕勾留により身柄拘束された被疑者・被告人が、弁護人又は弁護人になろうとする弁護士と、接見することができる権利を、接見交通権と言います。
逮捕勾留により身柄を拘束された状態で厳しい取調べを受ける被疑者・被告人は、精神的に非常につらい状態に置かれます。
また、そのような状態でかつ法律知識のない被疑者・被告人が取調べにおいて自らを適切に防御することは困難です。
そのため、被疑者・被告人と弁護人との面会等を保障する接見交通権は、被疑者・被告人の防御のために非常に重要な権利なのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回接見サービスにて、法的アドバイスのみならず、精神的アドバイスやご家族からの伝言をお伝えすることもできます。
大麻取締法違反事件でお困りの場合は、弊所の初回接見サービスをご検討ください。
(宮城県警察塩釜警察署 初回接見費用:38,800円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー