宮城県七ヶ宿町の強制性交等事件で逮捕なら 刑事事件に強い弁護士

宮城県七ヶ宿町の強制性交等事件で逮捕なら 刑事事件に強い弁護士

宮城県七ヶ宿町在住のAさんは、路上で女性Vさんの後ろから首を絞めて「殺すぞ」と脅して空地まで連れていき、性交しました。
後日、Aさんは宮城県警察白石警察署の警察官に強制性交等罪の容疑で逮捕されました。
(フィクションです。)

~強制性交等罪~

2017年7月の法改正により、以前「強姦罪」と呼ばれていた犯罪が、「強制性交等罪」に変わりました。
強制性交等罪は、法定刑が「5年以上の懲役」となっており、強姦罪の法定刑「3年以上の有期懲役」よりも重くなっています。
法定刑が加重されただけでなく、強制性交等罪では、男性も被害者となること、非親告罪となったことが変化として挙げられます。
強制性交等罪
・「13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした」場合
・」13歳未満の者に対し、性交等をした」場合
に成立します。

「暴行又は脅迫」は、相手方の反抗を著しく困難にする程度のものである必要があります。
事例でAさんは、Vさんの首を絞めて「殺すぞ」と脅しながら空地まで連れていき性交しており、この行為はVさんの反抗を著しく困難にしていると考えることができます。
そのため、Aさんは強制性交等罪の容疑で逮捕されたのだと考えられます。

強制性交等罪は、法定刑が「5年以上の有期懲役」なので非常に刑罰が重いです。
また、法改正によって、親告罪ではなくなったため、被害者の方と示談し、告訴を取り下げてもらっても起訴されないというわけではなくなりました。
しかしながら、被害者への謝罪や示談によって被害者の処罰感情を和らげることができれば、起訴・不起訴の判断や量刑の判断に影響する可能性はあります。
強制性交等罪では被害者側の処罰感情が極めて強い場合が少なくありません。
まずは刑事事件の経験豊富な弁護士に早期に相談し、適切なタイミングや方法で、被害者の方への謝罪や弁償、示談交渉を行うべきでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、強制性交等罪などの刑事事件を専門とする法律事務所です。
ご家族が逮捕されてお困りの場合は、身柄拘束されている方のもとへ弁護士を派遣する初回接見サービスをご利用ください。
(宮城県警察白石警察署への初回接見費用:41,120円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー