宮城県石巻市のスピード違反で不起訴処分 取調べ前に弁護士に無料法律相談

宮城県石巻市のスピード違反で不起訴処分 取調べ前に弁護士に無料法律相談

宮城県石巻市在住の会社員Aさんは、宮城県警察石巻警察署からスピード違反の疑いで捜査を受けています。
同署によると、宮城県石巻市の一般道路を法定速度よりも時速45キロメートル超える速度で運転していたそうです。
Aさんは、車通りが少なかったためついスピードを出し過ぎてしまったと容疑を認めています。
Aさんは、宮城県石巻市スピード違反事件も対応している法律事務所無料法律相談に訪れました。
(フィクションです。)

~スピード違反で刑事処罰~

スピード違反をした場合、その速度超過が軽微なものであれば、いわゆる青キップが切られて違反点数の加点および交通反則通告制度に基づく反則金による行政罰が加えられます。
この場合、反則金を納付すれば、前科はつきません。

しかし、「一般道で時速30kmオーバー、あるいは高速道で時速40kmオーバーするスピード違反」については、交通反則通告制度が適用されず、いわゆる赤キップが切られます。
「赤キップ」というのは通称で、正式には「道路交通違反事件迅速処理のための共用書式」と呼ばれます。
上部に「告知票・免許証保管証」と書かれている赤い紙であるため、赤キップと呼ばれ、比較的重い交通違反に交付されます。
これらの速度を超えると違反点数の加点が6点以上になり、直ちに免許停止になります。

スピード違反で赤キップが交付された場合は、刑事処分の対象となり、「6月以下の罰金又は10万円以下の罰金」という法定刑の範囲で、刑事処罰を受けることになります。
刑事処分の対象となるスピード違反事件の多くは、正式裁判ではなく罰金刑にとどまる略式裁判で終了すると言われていますので、懲役刑が科されることはまれでしょう。
過去の判例をみると、懲役刑となるのは、「80km前後を時速オーバーするスピード違反」など悪質性が著しく高い場合や、複数回スピード違反を繰り返している場合などです。
もっとも、懲役刑だけでなく罰金刑を受けた場合も、前科が付きます。

スピード違反を認めている方で前科を付けたくない場合は、弁護士に相談し不起訴処分を獲得する必要があります。

スピード違反事件で刑事弁護の依頼を受けた弁護士は、被疑者にとって有利な事情を適切に主張・立証していくことで、不起訴処分や刑の減軽に向けて尽力いたします。

スピード違反不起訴処分を獲得したいとお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご相談ください。
(宮城県警察石巻警察署 初回接見費用:43,200円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー