宮城県角田市の盗撮の少年事件 真の更生を考える弁護士

宮城県角田市の盗撮の少年事件 真の更生を考える弁護士

16歳少年Aは、宮城県角田市にあるスーパーの上りエスカレーターにおいて、スマートフォンのビデオカメラ機能を用いて前方にいたV女のスカート内の下着を盗撮をした疑いで、宮城県警察角田警察署の捜査を受けています。
Aの両親は、今後の事件の流れと処分の見通しについて聞くため、刑事事件少年事件専門の法律事務所を訪れました。
(フィクションです。)

~盗撮と少年事件~

宮城県では、盗撮について、迷惑行為防止条例(正式名称「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」)の第三条の二で禁止しています。

盗撮行為を行うと、迷惑行為防止条例違反となるのは成人でも未成年でも変わりません。

ただし、その後の手続や処分面でいえば、未成年が起こした場合(少年事件)と、成人が起こした場合とでは異なる部分があります。

少年が、盗撮事件の犯人と疑われ、捜査を受けた場合、警察や検察官から家庭裁判所へと事件が送られます。
家庭裁判所調査官による調査を受けた後、家庭裁判所裁判官による審判を受け、保護処分になるかどうかや処分の内容が決定します。

少年事件の処理で重視されるのは、成人の事件のように犯人に対する刑罰を決めることではなく、少年の真の更生を実現するためにベストな処分・環境を判断することです。
弁護士が少年事件の依頼を受けた場合も、どのようにすれば少年が真に更生できるのか頭を悩ませることになります。
このような弁護・付添人活動をしていくためには、刑事事件少年事件に関する豊富な知識や経験が必要となるため、刑事事件少年事件専門の弁護士に任せることが望ましいでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所弁護士は、少年の精神的なサポートや法的なアドバイスだけでなく、ご家族の方に少年を更生させるためにはどうすればよいか親身になってアドバイスしていきます。
盗撮少年事件でお困りの場合は、お気軽に無料法律相談をご利用ください。
(宮城県警察警察署への初回接見費用:44,200円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー