宮城県角田市の大麻所持事件で逮捕 薬物事件に強い弁護士を選任

宮城県角田市の大麻所持事件 薬物事件に強い弁護士に無料法律相談

数年前から大麻を使用し所持している宮城県角田市の自営業Aは、仕事仲間が覚せい剤取締法違反の疑いで宮城県警察角田警察署逮捕されたという噂を聞きました。
Aは、自分も大麻を使用・所持していることで逮捕されるのではないかと心配になり、薬物事件に強い弁護士大麻覚せい剤の規制について無料法律相談しました。
(フィクションです。)

~覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の比較~

大麻覚せい剤は、どちらも規制薬物として代表的ですが、規制する法律が異なり、規制される行為や刑罰の重さにも違いがあります。

・規制する法律
覚せい剤覚せい剤取締法
大麻  :大麻取締法

・規制される行為について
覚せい剤: 輸出、輸入、製造、譲渡、譲受、所持、使用が禁止される主な行為
大麻  : 輸出、輸入、栽培、譲渡、譲受、所持が禁止される主な行為であり、使用は禁止されていない
つまり、大麻取締法が大麻の使用を規制していないため、使用だけでは罰せられません。

・刑罰の重さ(営利目的がない場合で比較)
覚せい剤:輸出・輸入・製造した場合、1年以上の懲役刑
     譲渡、譲受、所持、使用した場合、10年以下の懲役刑
大麻  :輸出・輸入・栽培した場合、7年以下の懲役刑
     譲渡,譲受,所持した場合,5年以下の懲役刑
大麻取締法違反よりも,覚せい剤取締法に違反した場合の方が重い刑罰を科せられることになります。
ただし、大麻取締法に違反したことによる刑罰は決して軽いものではありません。

他にも、大麻取締法違反の場合は覚せい剤取締法違反に比べて起訴率が低いなどの違いもあります。
そのため、大麻取締法違反の場合、不起訴を求めて弁護活動を展開することなどが考えられるなど、弁護活動にも多少の違いがあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所には、大麻取締法違反、覚せい剤取締法違反に精通した弁護士が多数所属しています。
大麻覚せい剤でお困りの場合は、まずは、無料法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
(宮城県警察角田警察署への初回接見費用:44,200円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー