宮城県石巻市の無免許運転 取調べ前に交通事件の弁護士に無料法律相談

宮城県石巻市の無免許運転 取調べ前に交通事件の弁護士に無料法律相談

建設会社勤務30代Aさんは携帯電話使用等違反で警察官に呼び止められた際、運転免許が停止中で無免許運転をしていたことが発覚しました。
Aさんは逮捕はされず、来週宮城県警察石巻警察署取調べにいくことになっています。
Aさんは刑事手続きの流れや取調べ対応について、事前に交通事件刑事事件に詳しい弁護士無料法律相談に訪れました。
(フィクションです)

~無免許運転~

無免許運転とは、自動車や原動機付自転車などの運転免許が必要な運転機器を免許を受けないで運転することです。
無免許運転は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます(道路交通法117条の2の2第1号)。
無免許運転には、
・過去に一度も運転免許を取得した経験がないのに運転した
・免許取消の行政処分を受けて再取得していないのに運転した
・運転免許の更新を忘れて、運転免許が失効したのに運転した
・免許停止の行政処分を受けている最中に運転した
・保有する種別外の車両を運転した
等のケースがありますが、罰則規定に差はありません。

弊所弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、
・運転免許の停止中や取消処分後に、仕事や急用でやむを得ず運転してしまった。
・免許が停止または取消処分・失効になったことを周囲に隠して、無免許運転を繰り返してしまった
・過去に一度も運転免許を取得した経験がない少年が、友人のバイクを運転してしまった
等々の相談を数多くいただいています。

一般に,無免許運転などの交通事犯では,事例のAさんのように在宅のまま取調べが進むことが多く、逮捕勾留されて身柄を拘束されるような場合は,少ないと言われています。
しかし、身柄を拘束されていないからといって、処罰がないというわけではないので注意が必要です。
無免許運転では、前科前歴のない初犯の場合は略式手続きによって罰金刑が下される場合が多いとされています。
短期間に複数回の無免許運転逮捕歴があるなど違反回数や違反期間等によっては、正式裁判がおこなわれる場合もあります。
前科前歴がありながら,無免許運転を繰り返しているような悪質性の高い事案では,執行猶予の付かない実刑判決を言い渡されるおそれもあります。

無免許運転で検挙されてしまったという方は、軽く考えずに一度交通事件刑事事件専門の弁護士に相談することが肝要です。
特に、取調べを控えている場合は、取調べに臨む心構えを相談してみてもよいでしょう。
無免許運転取調べ対応にお困りの方は、交通事件刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所まで、お気軽にお問い合わせください。
(宮城県警察石巻警察署への初回接見費用:43,200円)

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー