岩手県での強制わいせつで逮捕

岩手県での強制わいせつで逮捕

岩手県強制わいせつ罪の容疑で逮捕された場合について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部が解説します。

【事例】
岩手県盛岡市に住むAさん。
道を歩いている女性に対していきなり抱き付き、胸を揉むなどの行為をしたとして、盛岡東警察署の警察官により逮捕されました。
警察から逮捕の連絡を受けたAさんの家族は驚き、今後どうなってしまうのか心配になっています。
(事実をもとにしたフィクションです)

~強制わいせつ罪とは~

Aさんの逮捕容疑となった強制わいせつ罪
まずは条文を見てみましょう。

刑法第176条
十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、六月以上十年以下の懲役に処する。十三歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

この条文からすると、被害者が13歳以上の場合には、

①暴行又は脅迫を用いて
②わいせつな行為をした

場合に、強制わいせつ罪が成立することになります。

今回のAさんの場合、突然抱き付いたり、無理やり胸を揉んだという行為自体が、①「暴行…を用いて」に当たりうるものであると同時に、②わいせつな行為にも該当しうるものです。
したがって強制わいせつ罪が成立するとして逮捕されたということになります。

~条例違反にとどまる場合も~

犯行態様が軽い場合には、電車内の痴漢などと同様に、各都道府県が制定している迷惑行為防止条例などへの違反にとどまる可能性もあります。

岩手県・公衆に著しく迷惑をかける行為等の防止に関する条例
第8条
何人も、公共の場所又は公共の乗物において、他人を著しく羞恥させ、又は他人に不安を生じさせ、若しくは嫌悪の情を催させる方法で、卑わいな行為であって次に掲げるものをしてはならない。
(1) みだりに他人の胸部、臀(でん)部、下腹部等(以下「胸部等」という。)の身体の一部に触れること(着衣の上からこれらの身体の一部に触れることを含む。)。

岩手県の上記条例違反の場合の罰則は、常習者が6か月以下の懲役または50万円以下の罰金です。
前科があるなど常習者の場合には1年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。

強制わいせつ罪迷惑行為防止条例違反のどちらに問われるかの境界は微妙なところです。
一般的には、服の上から触れば条例違反で、服の下に手を入れて触れば強制わいせつ罪になりやすいという傾向があります。
しかし、服の上からであっても、強い態様の犯行を行った場合には、強制わいせつ罪に問われる可能性もあります。

Aさんの場合も、すれ違いざまに軽く触れたといったものと比べて、抱き付いて胸を揉むという強い態様での犯行をしているので、強制わいせつ罪に問われる可能性が十分考えられるということになります。

~刑事事件の流れ~

犯罪をしたとして逮捕されると、最初に最大3日間、警察署等で身体拘束され、取調べ等の捜査を受けます。
そして逃亡や証拠隠滅のおそれがあるなどとして検察官が勾留(こうりゅう)を請求し、裁判官が許可すれば、さらに10日間の身体拘束がされる可能性があります。
この勾留期間はさらに10日間延長されることもあります。

弁護士としては、勾留請求または勾留決定を防ぎ、早期に釈放されるよう、逃亡や証拠隠滅のおそれがないといえる理由をまとめた意見書を提出するなどの弁護活動を行います。
釈放されれば、自宅から警察署や検察庁に出向いて取調べを受けるという流れになるでしょう。

勾留された場合はその期間の最後に、勾留されなかった場合は捜査が終わり次第、検察官被疑者を刑事裁判にかけるか(起訴)、かけないか(不起訴)の判断をします。

このうち起訴①正式起訴②略式起訴があります。
①正式起訴されると刑事裁判が開かれ、事件によって懲役刑実刑判決執行猶予判決罰金刑の判決を受けたり、まれに無罪判決がなされることになります。
一方、②略式起訴は比較的軽い事件でなされることが多いです。
法廷での刑事裁判は開かれず、簡単な手続で罰金を納付して終わるということになります。

さらに、より軽い事件などでは、検察官が不起訴処分として前科も付かずに刑事手続が終わる場合があります。
今回は大目に見てもらうということです。

~軽い処分や判決を目指すには~

不起訴処分略式起訴などの軽い処分・判決を目指すには、犯行自体が比較的悪質性が低いことや、前科がない(あるいは少ない)、被害者に謝罪・賠償して示談が締結できているといった事情があることが重要です。

特に、示談の締結は犯行後になしうることですので、示談交渉を進めることは極めて重要なものとなってきます。

しかし、逮捕されていると本人は示談交渉できません。
また、逮捕されていなくても、あるいは家族が代わって交渉しようにも、被害者は加害者及びその家族に連絡先を教えることに抵抗があるので、示談交渉が出来ない場合が多いです。

それでも、加害者やその家族には連絡先を教えないという条件で、加害者側の弁護士にのみ連絡先を教えてくれることはよくあります。
弁護士が加害者から示談金を預って被害者に支払い、示談をするという仲介をするわけです。

このようにして示談を締結できたか否かによって、不起訴処分になるかどうかといった結果が変わってくることも多くあります。
そこでぜひ一度、弁護士にご相談いただければと思います。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部は、刑事事件・少年事件を専門とする弁護士事務所です。
逮捕されている事件では、ご家族などから初回接見のご依頼をいただければ、拘束されている警察署等にて、ご本人に面会(接見)し、事件の内容を聴き取った上で、今後の見通しなどをご説明致します。
接見後には、接見の内容などをご家族にお伝え致しますので、それを聞いていただいた上で、正式に弁護活動を依頼するかどうかを決めていただけます。

また、逮捕されていない場合やすでに釈放された場合には、事務所での法律相談を初回無料でご利用できます。

0120-631-881まで、ご連絡をお待ちしております。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー