デリヘル嬢にケガをさせ逮捕【強盗致傷罪】

デリヘル嬢にケガをさせ逮捕【強盗致傷罪】

支払った代金を奪い返し、ケガまでさせて逮捕された場合について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部が解説します。

【事例】
宮城県仙台市青葉区に住むAさん。
ラブホテルにデリヘルを呼びました。
しかしサービスや容姿に満足できなかったAさん。
隙を見て支払った代金を女の子のカバンから盗み、ホテルの部屋から逃げようとしました。
事態に気が付いた女の子はAさんを追いかけたところ、Aさんは女の子を突き飛ばしてケガをさせました。
その場は逃げ去ることができたAさんでしたが、デリヘル店に電話した際の着信履歴や、防犯カメラの映像などからAさんの身元が判明。
仙台中央警察署の警察官により逮捕されました。
(事実をもとにしたフィクションです)

~強盗致傷罪とは~

不満があったとしても素直に諦めるべきだったAさん。
しかし、損を取り返そうとしたのでしょうか。
重大な犯罪を犯すに至ってしまいました。

まず、女の子のカバンからさっき払った代金を盗んだ時点で、窃盗罪が成立していたといえます。

刑法第235条
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

窃盗だけでも立派な犯罪ですが、女の子に気付かれて追いかけられ、突き飛ばしてケガをさせたことにより、強盗致傷罪というとても重い犯罪が成立してしまうかもしれません。

第238条
窃盗が、財物を得てこれを取り返されることを防ぎ、逮捕を免れ、又は罪跡を隠滅するために、暴行又は脅迫をしたときは、強盗として論ずる
第240条
強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

今回のAさんの場合、赤く色付けした部分が問題となります。

238条の「窃盗が」というのは、窃盗犯人が、という意味です。
前述のようにAさんには窃盗罪が成立していましたから、Aさんは「窃盗」に当たります。

また、Aさんが女の子を突き飛ばした目的は、少なくとも「財物を得てこれを取り返されることを防」ぐ目的はあったでしょう。
「逮捕を免れ」ようとする目的もあったかもしれません。

そしてAさんは女の子を突き飛ばしています。
ここで、強盗罪における暴行や脅迫は、相手方の反抗を抑圧するような強い態様のものをいい、比較的軽い暴行・脅迫の場合には恐喝罪や傷害罪が成立しうるにとどまることになります。
今回も、ちょっと払いのけただけで偶然にも転倒してケガをしてしまったという場合には恐喝罪や傷害罪にとどまる可能性もあります。
このあたりはより具体的な事情を検討した上で判断されますが、ケガをする程度の突き飛ばし方をしたとなれば、反抗を抑圧するような強い態様の「暴行」があったと判断される可能性も十分考えられます。

これらの条件を満たせば、「強盗として論ずる」、すなわち暴行・脅迫→財物奪取という順番のスタンダードな強盗と同じ扱いになるということになります。

そうするとAさんは、240条の「強盗が、人を負傷させたとき」に該当してしまうので、「無期又は六年以上の懲役」ということになってしまうわけです。

~ぜひご相談を~

逮捕された後の手続について、詳しくはこちらをご覧ください。
https://sendai-keijibengosi.com/keijijikennonagare/

弁護士としては、被害者の方に謝罪・賠償して示談を締結するなどし、執行猶予などを含め少しでも軽い判決になるよう弁護活動をしていくことになります。

逮捕されると、釈放の見込みはあるのか、どのくらいの刑罰を受けるのか、取調べにはどう対応したらよいのかなど、わからないことも多いと思いますので、ぜひ弁護士にご相談ください。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所仙台支部は、刑事事件・少年事件を専門とする弁護士事務所です。
ご家族などから初回接見のご依頼をいただければ、拘束されている警察署等にて、ご本人に面会(接見)し、事件の内容を聴き取った上で、今後の見通しなどをご説明致します。
接見後には、接見の内容などをご家族にお伝え致しますので、それを聞いていただいた上で、正式に弁護活動を依頼するかどうかを決めていただけます。

また、逮捕されていない場合やすでに釈放された場合には、弁護士事務所での法律相談を初回無料で受けていただけます。

強盗致傷罪などで逮捕された、捜査を受けているといった場合には、ぜひ一度ご連絡ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

【仙台支部】〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-11-19 仙南ビル5階
【最寄り駅】JR仙台駅 徒歩7分、地下鉄広瀬通駅 徒歩2分

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー